横浜・首都圏の自毛植毛・植毛の専門医、ヨコ美クリニック

ヨコ美クリニック

植毛なんでも相談室へ

  • お問合せ 045-311-8811
  • 無料カウンセリング予約
  • 無料電話カウンセリング予約
  • メール相談
  • TOP
  • 植毛なんでも相談室(掲示板)



投稿者:クリームソーダさん

影響を受けないエリアを逸脱しての採取

先生は、生涯にわたってAGAの影響を受けないエリアを逸脱してドナーを採取する手術に対する注意をされていると思います。
その場合、たとえば、FUEで、そのエリアから採取して移植した毛は近い将来、抜けてしまう可能性があるということだと思いますが、もうひとつの問題は、ドナー側の周辺の毛も抜けるので、その場合、最終的にすべて抜けたとすると、虫食いがあらわになるとも言えると思います。
一方で、その虫食いあとは、周りがすべて抜け落ちると、かえって虫食いの傷跡がめだたなくなるともいえますでしょうか。(変な質問で申しわけありません)

Re:影響を受けないエリアを逸脱しての採取

クリームソーダ様

おっしゃるようにドナー部のAGAが進行で脱毛すると、虫食い状のハンテンがあらわになりますし、より目立つと思います。

ヨコ美クリニック
院長 今川


返信する

質問する 気になること、薄毛の悩み、植毛技術のこと等、お気軽にご質問ください

植毛の失敗はこう直す ヨコ美クリニック本サイトへ 無料植毛カウンセリング 無料植毛カウンセリング 無料植毛カウンセリング

ページのTOPへ