横浜・首都圏の自毛植毛・植毛の専門医、ヨコ美クリニック

ヨコ美クリニック

植毛なんでも相談室へ

  • お問合せ 045-311-8811
  • 無料カウンセリング予約
  • 無料電話カウンセリング予約
  • メール相談

大きい傷跡への植毛

傷跡の範囲が大きい場合でも植毛は可能

大きい傷跡の場合は、全部を切り取ってしまうことができません。そのような場合には、縫い縮めて傷跡を小さくしておいてから植毛するというのもひとつのアイデアですが、その場合、その縫い縮めを繰り返すと、頭皮の余裕がなくなって、結果的に植毛を行う際にはドナーが取りづらくなるという問題も生じています。
したがって、 最初から植毛を選択する方が良い場合もあります。

傷跡への植毛では、ポッピング(もぐらたたきのように、1株植えると、近くに植えた別の株が飛び出してしまうこと)が起こりやすく、スリットからの出血も多めで、通常の植毛より時間がかかるということはありますが、普通に頭皮に植毛を行ったケース以上に、患者様の満足度が高いと思われます。

2回行うことが多い傷跡への植毛

傷跡の組織は血行が悪く、AGAへの植毛のように高密度植毛ができないというのがハンディになります。
それでもこめかみはもともとヘアの密度がそれほど高くなく、またヘアが皮膚に沿って生えているため、ほとんどの場合、一回の植毛でも目立たなくなります。
しかし、多くの場合、傷跡への植毛は2回程度繰り返すことが多くなります。なぜなら、傷跡の周囲はとても濃いので、無毛部との濃さのギャップを1回の植毛で埋めることが難しいからです。

 

植毛コラムへ植毛ブログ(相談室へ)美容室・カツラのご案内美容室・カツラのご案内

ページのTOPへ