ヨコ美クリニック

植毛の失敗はこう直す 無料植毛カウンセリング ヨコ美クリニック本サイトへ



投稿者:靖人さん

デュタステリドで急激に悪化

いつも興味深く拝見させて頂いております。

アボルブとザガーロを服用して1年以上経過しました。
初期脱毛もなく、半年〜9ヶ月の間に大幅に回復したのですが、
10ヶ月目以降、急激に髪が萎み毛細化し、未だ改善の兆しも見えません。
AGAの影響を受けないと言われる側頭部や後頭部の髪質、眉毛の質感も
パサパサしたコシのない髪質に変わってしまいました。
急激な悪化に戸惑いますが、プロペシア等のフィナステリドに変更すべきでしょうか?
医師にはデュタステリドの方がフィナステリドよりも前髪に効果的だと言われ、
悪化について聞いてみても、デュタステリドの方が理論的に効くはずの一点張りです。

1) 薬の耐性が付き、AGAの進行を止められなくなった。
2) ヘアサイクルの急激な改善で一気に脱毛器と休止期が訪れた。
どちらがより原因に近いと推察できますでしょうか?
写真上から使用前、半年経過、現在の状態です。

Re:デュタステリドで急激に悪化

靖人様

1)デュタステリドやフィナステリドに耐性という現象があるのかは定かではありませんが、多くの方は服用開始後1~1.5年以降に効果が下がると感じるようです。ただその場合でも側頭部や後頭部のヘアがそのようになることはありません。
2)植毛を受けると移植毛がいっせいに休止期に入り、数年後に毛周期が同調し再びいっせいに休止期に入ることは理論上はありえますが、実際にはごくまれです。植毛を受けずにそうなることは考えにくいと思います。
例えばダイエットや食事が不規則など栄養状態による原因も考えられます。AGA以外の原因を検討すべきかもしれません。

ヨコ美クリニック
院長 今川


返信する

質問する 気になること、薄毛の悩み、植毛技術のこと等、お気軽にご質問ください

ページトップへ