医療法人横美会ヨコ美クリニック

植毛・自毛植毛のことならヨコ美クリニック

お問合せ先:045-311-8811 AM 9:00 ~PM 6:30 休診:日曜・不定休

  • サイトマップ

クリニックのご案内

  • 植毛治療の流れ
  • アフターケアについて

ご挨拶

植毛を受けられた方の満足度No1 (当院の匿名アンケート結果より)

1963年開設という、長い歴史と経験をもつクリニックでヨコ美クリニック院内風景す。
現在の今川院長は、1985年より当院の治療に携わってきましたが、 そのころからヘア治療に興味をもち約30年の経験を有しております。

植毛の進歩は驚くほど早く、パンチ式植毛から1990年代に入りミニ・マイクロ植毛、 ついでFUTが普及しましたが、当院ではそれらパンチ式植毛以降の近代的植毛の分野で 日本一の症例を有しています。

院長は多くの書籍・医学論文を執筆し、 アメリカ毛髪外科専門医制度(ABHRS)に日本人で初めて認定されました。

ABHRSメンバーリスト(I)

クリニックのご案内

名称医療法人 横美会 ヨコ美クリニック
代表者名 今川 賢一郎
住所 〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸2-1-22 ナガオカビル8F 地図はこちら
代表番号045-311-8811 (完全予約制)
メールアドレスdr@yokobikai.or.jp
診療時間AM9:00 ~ PM6:30
休診日 日・水(または木)(休診日はお気軽にお問い合わせ下さい)

ヨコ美クリニック入口

アクセス・地図

横浜駅西口より、徒歩約7分

ヨコ美クリニック地図

  • 植毛治療の流れ
  • アフターケアについて

院長ご挨拶 今川 賢一郎

ヨコ美クリニック今川院長

頭髪がさみしくなるというのは、その人しか分からない深刻な悩みです。それだけに日々の抜け毛に一喜一憂、涙ぐましいばかりの努力をしているのではないでしょうか?こうした心配や悩みに対して育毛剤、民間治療、カツラなどの手段もあるにはあったのですがここ最近は自毛植毛がその劇的な効果のために脚光をあびてきました。
自毛植毛のルーツはもともと日本なのですが美容医療先進国のアメリカが1960年以降臨床に応用し、1990年代に入ってから革命ともいえる技術革新がおこり現在に至っております。
私共は我が国でも最新のヘア治療法の確立が急務であり、それが時代の要求でもあると痛感しその普及に努力してきました。
ただここ数年自毛植毛がやっと認知されるようになってきた反面この分野に新規参入した医師達の技術的未熟さやビジネス至上主義によるトラブルも増加しているのも事実です。そのためこの技術も他のヘア関連ビジネスのような"うさんくささ"を一般の方々に抱かせるのではないかととても危惧している昨今です。
このホームページでは、手術の手順・私自身が体験した手術の経過・実際の植毛を受けた方の意見などを紹介し、なるべく正確な医学的情報を載せられるように心がけています。
皆様の参考になれば幸いです。

院長の植毛の経過

今川院長自身、99年に植毛を行っております。下記の写真は本人が植毛手術を行った時の経過の様子です。
現在も、自分の髪の毛で密度を保っています。

院長の植毛の経過

院長の植毛の経過

経歴

Dr.T.Mayerと

1990年にカリフォルニア、サクラメントのDr.G.Seeryに植毛・スカルプリダクションを、1992年ロスのDr.T.Mayerに植毛・フラップの指導を受け、その後多くの植毛医達と交流している。
世界最大の植毛医の団体である国際毛髪外科学会の設立会員(1994年)、2003年度の人工毛特別委員会(Ad Hoc Committeeon Artificial Fibers)、2006年度以降のPro Bono委員会のメンバーでもある。
また日本人で初めてアメリカ毛髪外科専門医(American Board of Hair Restoration Surgery:ABHRS)に2006年に認定された。

主な業績は

  • ・ 日本人医師で初めてマイクロ植毛・FUTについての発表
  • ・ 日本人におけるドナーの密度・毛根の比率の分析
  • ・ 日本人の植毛の先駆者の著書の紹介・全英訳 など

植毛のバイブルとされている医学書Dr.M.Unger・Dr.R.Shapiro編の「Hair Transplantation 4版 Marcel Dekker」の執筆陣に選ばれ、「Hair Transplantation in Asian Patients:東洋人の植毛」の章を担当。
2010年には英文の医学書「Hair Restoration Surgery in Asians」を執筆しSpringer社より出版された。

Hair Restoration Surgery in Asian

Hair Restoration Surgery in Asian

Hair Restoration Surgery in Asian

Hair Restoration Surgery in Asian

得意分野

  • ・ FUTによる多量植毛術(メガセッション)
  • ・ FUE
  • ・ 人工毛植毛、フラップ手術の修正
  • ・ 他院の不満症例の修正
  • ・ 傷あとへの植毛(フェイスリフトなど)
  • ・ 新しい生え際のデザイン(広すぎる額、深すぎるそり、ニューハーフの植毛)
  • ・ 女性の薄毛や脱毛、まつ毛、まゆ毛、アンダーヘアのへの植毛

経歴・会員

会員ロゴ

  • 1974年  慶応義塾大学医学部卒業
  • 1982年   医学博士(慶応義塾大学)
  • 1985年~ 医療法人 横美会 院長 兼 理事長
  • アメリカ毛髪外科認定医(ABHRS)
  • 国際毛髪外科学会(ISHRS)フェロー会員
  • ・2003年  ISHRS 人工毛特別委員会メンバー
  • ・2006年~ ISHRS ProBono委員会メンバー
  • ・2007年  ISHRS Regional Workshop プログラムディレクター
  • アジア毛髪外科学会(AAHRS)理事
  • イタリア毛髪学会(ISHR)会員
  • 日本美容外科学会(JSAPS)評議員
  • 国際美容外科学会(ISAPS)正会員
  • 日本形成外科学会(JSPRS)会員
  • 国際皮膚外科学会(ISDS)会員

受賞

受賞歴等

  • 2001年  イタリア毛髪学会より アルキメデス賞受賞
  • 2002年  イタリア毛髪学会より ミケランジェロ賞受賞
  • 2003年  イタリア毛髪学会より ローマ賞受賞
  • 2004年  イタリア毛髪学会より ピーク賞受賞
  • 2004年  国際毛髪外科学会より 特別賞受賞(日本人の植毛パイオニアの論文を英訳)
  • 2006年  イタリア毛髪学会より 地中海賞受賞
  • 2007年  イタリア毛髪学会より シーザー賞受賞
  • 2010年  イタリア毛髪学会より ティベリオ賞受賞
受賞の様子

ページトップへ